引越し ギター

ギターは引越しの際、どうすればよいのでしょう

 

ギターの引越しは、慎重にしなければなりません。

 

ハードケースに入れるのが最も安心なのですが、ソフトケースの場合ですと尚更注意が必要です。

例えば、一度ギターに右図の電子チューナーをつけて使用していることが多いと思いますが、こういう機器をつけたままにはしておかないほうが良いでしょう。

 

ギターを知らない業者さんだと、そんな精密な機械があるとは知らず、壊れてしまう恐れがあります。

 

ですので、引越し屋さんに、ソフトケースや、ケース無しの場合には、チューナー等の小物は外した上で、楽器なので慎重に運んで欲しいと
伝えておくことが肝心です。

 

その上で、もっともリーズナブルな引越し屋を探すのが良いでしょう。

 

ピアノ等の大型楽器の場合は、専用のオプションサービスがあり安心ですが、ギターの場合ハードケースか、ソフトケースにせよ、

 

エレキギター、アコースティックギター、クラシックギターにせよ、簡単に手で運べてしまうため、特に追加料金などは必要ありません。

 

そのため、「大切なものなので、慎重に運んで欲しい」

 

という一言が、非常に大事になります。

 

以下のサービスは、引越しの無料見積で、すごく便利なのですが、格安だからといって、全部お任せにするのではなく、しっかりと大事なギターなので、慎重に運んで下さいとお願いしておくだけで、トラブルを確実に避けることが出来ますので、忘れないようにしましょう。

 

大事な楽器も含め、安価に、かつ安心してお引っ越しできると良いですね。